アニメ・マンガ・ゲーム等の自由を守る政治家として国会で数々の実績がある山田太郎議員の「表現の自由を守る党」のサポーター登録者が、立ち上げから1ヶ月で早くも10000人に到達しました。

2016年3月16日のニコ生で、山田太郎議員が「表現の自由を守る党」で今後どう戦っていくのかについての展望を語り、具体的には「旧『みんなの党』や社民党の党員数を越える2万人のサポーターを集めることで表のメディアにも記事化してもらえる」という趣旨の発言がありました。

山田議員の実際の発言を文字起こししたので公開します。


文字起こしをする動画:
【第205回】CG児童ポルノ事件の判決の影響は?【参議院議員山田太郎のさんちゃんねる】(2016/03/16放送) 
https://www.youtube.com/watch?v=7x5UPd7dCYI&feature=youtu.be&t=58m55s
(この動画の58分55秒付近から文字起こし)


山田太郎議員
「さて最後に、(当日のニコ生の)当初言いました、おかげさまで『表現の自由を守る党』(のサポーターが)1万人を越しました。で、これは何の意味があるかってことと、ぜひお二人からですね、我が党ですね、一応『表現の自由を守る党』党首でございますので、アドバイズをいただきたいなと思ってるんですけど」

(注:「お二人」というのはニコ生にゲスト出演していた、荻野幸太郎氏と昼間たかし氏のこと。荻野氏は表現の自由のためのNPO『うぐいすリボン』理事。昼間氏はルポライターで、CG児童ポルノ裁判を毎回傍聴して記事化してきた)

山田議員
「何を考えてるかというとですね、前もちょっとやったんですが、1万人という数がどれぐらい大事かということなんですけど。まず、ちょっと簡単に言うと、自民党の党員というのはどれぐらいいるかと。自民党の党員というのは78万人なんですね。それから、民主党が21万人。公明党が44万人なんですよ。

で、例えば民主党と比較した場合に、21万人に対してウチが1万人だったとすると20分の1のサイズということになるわけでありまして。で、民主党の議員って163名居ますから、単純に考えると、えーと、30名ぐらい居るサイズになるんですよ。

(注:163人の20分の1と考えると30人は計算ミスのような気がします。単純計算で163を20分の1すると約8人でしょうか。でも、8人でも立派な数字だと思います)

山田太郎議員
「で、これ嘘じゃないのは、例えばですね、『みんなの党』、私も居ましたけれども。『みんなの党』が最盛期、2010年で最も党員を持った時に、なんと1万4千人しか居なかったんですよ。で、だから、ちょっと1万人じゃ足りないので、頑張って、14083人は抜きたいというふうに思ってるので、次のターゲットっていうのは1万5千から2万っていうのを、ぜひターゲットにしたいというふうに思ってますし。

えーと、社民党、今の社会民主党も1万7千人しか党員が居ないんですよ。それで6名の議員を送り出してますから。ね。で、そう考えると、次は2万名というものを目指すと、これは他党はものすごく脅威に感じると。

で、何度も言ってるんですけれども、M&A作戦。


(注:山田議員が「M&A作戦」について説明した動画の文字起こしを引用します。

山田太郎議員
 「まず、私の背景で一緒にやってくれる『表現の自由を守ろう』という勢力が、どれぐらいあるかということのほうが大事だし、オートマティカリー、その勢力が、例えば、どこと組んだとしても、まあ、比例代表で仮に出たとすればですね、そのまま名前を書いてくれれば、15~16万票あれば当然トップ当選じゃないけれども、当選してっちゃうわけでありまして。

あのー、まずは、どこの党に所属するかということではなく、何をやるかっていうことが、まあ重要だと思ってますし、そのための勢力をまず作りたいと。で、それが大きくなってきたらば、各党とのまあ話し合いをして、私の主張を、まあ丸呑みしてくれる所と組んで、まあそこと出ると。

で、もちろん、正直あまり多くは、現実派なので、夢物語みたいのは言いたくないんですが、100万を越えるような勢力に、仮になるとするんであれば、それはもちろん1人、比例(代表)でもなんでも通っていきますから、そういう形での展開というふうにしますけれども。

まあ、そういう意味で、私も経営者でですね、これでも自分の会社を2社くらい上場させた端くれでありますから、まあM&A戦略って言うんですかね(笑い)。作戦をですね、して、まず、自分たちの勢力の付加価値を最も高めていくと、いうことでもって突破をしていくというのが」

http://nijigenkisei.ldblog.jp/archives/46876378.html



もし、全部で100万人っていうのは無いにしても、10万人、もし、サポーターが、登録等があれば、これはもう100万票行きます、はっきり言って。だったら単独で立てて、金どっかから用立てしてでも単独でやるし。それが叶わない数万という形でのサポーターだったら、それでも十数万(票)が期待できるから、どことくっついたとしても(参議院)比例(代表)で通ります。

で、1ヶ月の間に1万集めたっていうのは、けっこう憲政史上奇跡なの。というところでもあるので、まず、2万ですね。既成政党、旧『みんなの党』(の1万4千人)、それから社民党(の1万7千人)、それから、民主党に対抗してでも(民主党のサポーター21万人の)その10%ですよ。これを目指すというのが重要だというふうに思っていまして。

もちろん元気(注:山田太郎議員が現在所属する『日本を元気にする会』のこと。山田議員は『日本を元気にする会』政調会長であり、『表現の自由を守る党』党首という立場)のままじゃ無理だっていうのは分かってるんですけども、そんなに私も馬鹿じゃないので。手立てはいろいろ戦略として持っていますが、ただやっぱり政治は数なので、このあたりのサポーターの数を皆と一緒にどれぐらい見せられるかっていうことがすごく重要なんですね。

で、これが2万、ホントに次は超えてくると、既成政党を上回るという形になってきますので、そういう作戦をまずですね、ぜひ皆さんと一緒にやっていきたいと思ってますので。1万超えましたんで。

で、あともう一つ、バーチャル党大会をやりたいなと考えておりまして。

(中略:話題が逸れたので中略)

で、ネット上でですね、バーチャル党大会らしきものをやりたいなと思ってまして、直で皆さんからのですね、いろんな意見ですね。そういったものを受け付けたりとか、声をもうちょっと拾っていきたいな。こういうふうにも思ってるんですけれども。まず、バーチャル党大会の中では次の目標としてはですね。

えー、今、加速度的に(『表現の自由を守る党』のサポーターが)増えてますので、1日ですね、昔は150とか100が精一杯だったんだけど、今200、300行きますので。なんでかって言うと、1万のベースがある人がみんなに『入って下さーい!』ってなると指数関数的に増えていくから。1日に参加してくれるサイズっていうのは、今ロットがどんどんでっかくなってきてるので、次2万っていうのはもう、正直言うとこの勢いで行くと見える。1万(人)、今日の中でも(サポーター登録者が)500(人)越してるから11000(人)っていうのがすぐ越してくれば、そういうもう勢いなんですね。

だから、そのまま、まず2万(人)を越しつつ、その過程でバーチャル党大会をやって。で、表のメディアには少しずつ今リークしてるんですが、やっぱりある程度数を持って示さないと『なんだこんな程度か』というふうに言われちゃうので、そういう意味で、次は2万(人)で既成政党の『なるほど、(表現の自由を守る党のサポーターは)昔の(既成政党の)党員を超えてるんだ』というところを見せられれば、彼らは、表のメディアも記事にできますから。そういう形でもって一歩ずつ階段を登ってくっていうのが作戦なんですけども。非常に今、作戦通り行ってますし、いろいろ仕掛けていますので。(ニコ生の「虹乃ユウキさんがすごい頑張ってくれてるよね」というコメントに対して)そうなんです、虹乃ユウキさんなんかがかなり宣伝していただいてありがとうございます」

坂井秘書
「ありがとうございます」

荻野幸太郎氏(表現の自由のためのNPO『うぐいすリボン』理事)
「彼はね、センスが良いんですよ。だからリツイートもパーッと行くでしょう? あれ才能ですよね」

(注:当ブログ管理人の虹乃ユウキはTwitterでも活動しています)

山田議員
「うん、いろいろそういう方々の応援。それと一応地上戦ということで、全国それぞれですね、『とらのあな』とかですね、いろんな、そういう所がある所にですね、回ろうかなと。で、今、名古屋、大阪、福岡ぐらいはちょっと回ってこうと思ってますので。行く時には宣伝はしますので、優しく見守って下さい。『アニメイト』ね、そうだ。『とらのあな』と『アニメイト』ぐらいは行きたいと思ってます」


山田議員
「それから、前もそういうふうに言ってましたけども、10人ぐらい集めていただければですね、ミニ集会をそこではやりたいというふうに思ってますので。たとえ10人だとしても、そこからまたネット配信とか少し出来れば、大勢来てるのと同じですし、やっぱり地域地域に来て直接お話ができるっていうことも、大事だというふうに思っていますので。ぜひですね、そういう形で、どんどんどんどんですね、いろいろご意見をですね、言っていただけるような。まあ、せっかくネットで――。

で、これで上手くいくと、まさにネット選挙ってなんなの(という問いに対する1つの答えになる)しかも今回若手が、いわゆる18(歳)、19(歳)まで選挙権が拡大しているということで、実はメディアは、次の選挙の在り方っていうのはどうなのかっていう事は期待してますから。そういうこと(注:「そういうこと」というのは「表現の自由を守る党にネット上で注目が集まっていて、サポーターもたくさん集まってきている」ことを意味するのではないかと思われます)についても、記事化するということも、仕掛けによってはできるということなので。はい」



文字起こしは以上です。この続きで、3月23日(水)の山田議員のニコ生に漫画家の赤松健さんがゲストとして出演予定である旨の告知があったりしましたが、割愛させていただきます。気になる方は実際の動画で確認してみてください。

さて、文字起こしの中で山田議員が語っていた通り、アニメ・マンガ・ゲーム等の自由を守る政治家として国会で数々の実績がある山田太郎議員に、これからも末永く二次元の自由を守ってもらうためには、「表現の自由を守る党」のサポーター登録者数を2万人集める必要があります。 

残念ながら、3月16日時点でサポーターが10500人と山田議員が報告して以降、3月19日時点で10700人とやや伸び悩んでいるのが現実です。サポーターを集めるには、まずは情報拡散が大事ですので、皆さん、情報の拡散にご協力下さい。 

また、『表現の自由を守る党』のサポーター募集のページも紹介しておきます。
http://hyogen.jp/?page_id=19 
「ハンドルネーム」と「メールアドレス」さえ入力すれば簡単に登録できます。3分もあれば終わりますので、ぜひよろしくお願いします。



【参考リンク】
表現の自由を守る党の山田太郎議員が、アニメ・漫画・ゲーム等を守るためにしてくれた事まとめ(2016年4月版) - 二次元規制問題の備忘録 http://nijigenkisei.ldblog.jp/archives/47261076.html

二次元の自由を守る活動を継続するために、山田太郎議員が『表現の自由を守る党』へのサポーター登録者を必要としています - 二次元規制問題の備忘録 http://nijigenkisei.ldblog.jp/archives/46876378.html

参議院議員・山田太郎 ニコニコチャンネル

山田太郎議員ツイッター

記事について何か問題等あれば、ブログ主のツイッターにご一報下さい→https://twitter.com/YuukiNijino