2015年6月5日より、二次元規制反対派の中心的な団体であり、その活動を大手新聞の新聞記事でも取り上げられた事があるコンテンツ文化研究会を金銭的に支援するための勝手連的な取組みを開始しました。

取り組みの詳細については、リンク先の記事に詳しく書いたので、詳細についてはそちらを参照して下さい(→二次元規制反対派の中心的な団体であるコンテンツ文化研究会を金銭的に支援する為の勝手連的な呼びかけ

一応、この取組みについてざっくりと説明しておくと、コンテンツ文化研究会に皆で寄付をした上で、毎月5日にTwitterハッシュタグ「#毎月5日はコン研支援」をつけた寄付報告のツイートをして盛り上がることが基本的な活動内容です。そして、「毎月5日はコンテンツ文化研究会に寄付する日」という慣習を表現規制クラスタ及びその周辺に根付かせることをこの取組みの目標としています

さて、今回が2回目となるこの取り組み。さっそく今月の結果を発表します。

今月は、20人の方がTwitterハッシュタグ「#毎月5日はコン研支援」をつけてコンテンツ文化研究会に寄付した旨の報告ツイートをしてくれました。また、1人の方から、コン研に寄付した旨を記したDMをいただきました 

夜勤明けに振込に行ってくれた方や、ボーナスの一部を寄付してくれた方、コンテンツ文化研究会と同時にうぐいすリボンへ寄付してくれた方もいらっしゃいました。一つびっくりしたのが、ある漫画家の方がこの取り組みに参加してくれたことです。 寄付の慣習を根付かせるという、この取り組みの目標を考えても、有名なクリエーターさんが参加してくれることは、とても大きく、大変ありがたかったです。

Twitterハッシュタグ「#毎月5日はコン研支援」をつけた寄付報告のツイートへのリンクを紹介しておきますので、知り合いの方がコンテンツ文化研究会への寄付報告をしているのを見かけたら、ねぎらいの言葉などを掛けてあげて下さい。(万が一、『自分は寄付報告をしたのに、このリンクの中で紹介されていないよ』という方がいらっしゃいましたら管理人のTwitterまでご一報下さい。)

さて、今月は先月よりも6人多い、計21名の方が取り組みに参加してくれました。このまま少しずつでも参加人数を増やしていきたいです。また、先月に引き続いての参加の方が多かったことも、非常にありがたかったです(回を重ねるにつれ参加人数が先細りになっていくのが怖かったので、継続参加してくれる方には本当に感謝です。ありがとうございます)。

通常国会の大幅延長により、国会では多くの法案を審議する時間的余裕ができたことになります。万が一、二次元規制につながる法案が国会に提出された場合には、その法案を審議する時間的余裕ができてしまったということです国会で危険な法案が動き出さないようにするには、政界にパイプを持つコンテンツ文化研究会の存在が必要不可欠です。今後も、コンテンツ文化研究会への支援を継続していきましょう! 新規の方の参加も心よりお待ちしています

また、まずはこの取り組みの存在を知ってもらえないことにはどうにもならないので、この記事の周知拡散にも、どうかご協力下さい

『毎月5日はコンテンツ文化研究会に寄付する日』という慣習を表現規制クラスタ及びその周辺に根付かせるべく、来月以降もこの取り組みを継続していきます。今後ともよろしくお願いいたします。


※念の為に書いておきますが、この取り組みの呼びかけ人である私、虹乃ユウキはコンテンツ文化研究会とは無関係な人間であり、この取り組みはあくまで勝手連的な活動です。


二次元規制問題の備忘録管理人:虹乃ユウキ