2014年6月17日に参議院法務委員会で行われた児童ポルノ法改正案についての質疑の中で18才未満のコスプレイヤーが自画撮り写真(児童ポルノに該当しうるもの)をホームページで公開した場合、その児童は児童ポルノ法で取り締まられる可能性があるかどうかについて、山田太郎議員が質問しました


児童ポルノ禁止法の法務委員会における議事録(未定稿)(→http://taroyamada.jp/?p=5710)よりコスプレイヤーの写真についての質疑の部分を引用。


以下、引用。


 ○山田太郎
「もう一つ、ちょっと細かいんですけれども、コスプレーヤーの方から結構今回質問が多くて、非常に心配であると。先ほど着エロなんという話も佐々木議員の方からもあったんですけれども、例えば自画撮りでこの三号ポルノの要件に該当するような写真をホームページでアップした場合に、例えば頒布罪としてこの法律で取り締まられる可能性があるのかどうか、この辺り、これは法務省になると思います。お答えください

衆議院議員(階猛君)
「これは、先ほどから御答弁がありますように、証拠に照らして個別に判断しなければ該当するかどうかというのは申し上げにくいんです。
 
  ただ、一般論として申し上げれば、いわゆるコスプレ写真であるか否かにかかわらず、この二条三項三号の要件を満たす写真等々をネット上にアップロードしていく、こういう行為は、被写体となっている児童本人がこれを行う場合も含めて、児童ポルノの提供罪あるいは公然陳列罪が成立し得る場合があるというふうに考えております」

山田太郎君
「まさにそうなんですね。この法律は、被害者である子供を守るはずが自ら加害者になってしまうケースもあるということで、やはり個人法益なのか社会法益なのか、本来、法律の立て付けをきちっと議論してスタートするべき部分もあったんじゃないかなというふうに実は思っています」


引用終了。


ただし、1つ指摘しておく必要があるのは、1999年の児童ポルノ法成立以来、コスプレイヤーの写真が取り締まられたことはありませんまた、今回の児童ポルノ法改正で児童ポルノ法における「児童ポルノ」の定義の文言が変わりましたが、「児童ポルノ」の定義の範囲は狭まっても広まってもいない、というのが法制局の見解のようです。

 
【参考リンク】
山田太郎議員ツイッター

記事について何か問題等あれば、ブログ主のツイッターにご一報下さい→https://twitter.com/YuukiNijino