2014年3月12日に放送されたニコ生で、二次元規制反対派の山田太郎議員が告知を行いました。『児童ポルノ法改正案提出の国会議員に出す要望書』の内容について、Twitterハッシュタグ「#児ポ要望」で寄せられた意見に山田議員がツイッターで返信するという形で、公開議論を行うということです。山田議員の実際の発言を文字起こししましたので、以下に公開します。また、この企画については、山田議員の公式HPで告知がなされていますので、そちらに目を通してから以下の文字起こしを読むことを強く推奨いたします。


文字起こしをする動画:
衆参国会議員のみんなのさんちゃんねる(提供:参議院議員山田太郎事務所)
(この動画の21分45秒付近から文字起こし)

上の動画が見られない方は、山田議員の公式HPで同じ動画が公開されるはずなのでそちらをご覧ください。


【発言者紹介】
山田太郎氏:みんなの党副幹事長。参議院議員。コミケ街頭演説で有名。児童ポルノ法や青少年健全育成基本法による表現規制に反対して、積極的に活動している。

坂井崇俊氏:山田太郎議員秘書。『エンターテイメント表現の自由の会』(AFEE)代表。


以下、文字起こし


山田議員
「前から皆さんにお知らせしてるように、児童ポルノ禁止法改正案に対する公開要望書っていうのをやろうと思ってまして。(児童ポルノ法改正案は)衆議院で継続審議になっていますが。要望としてですね、以下の3点をお願いしますということで、ちょっと皆さんにこれでいいかどうか。「文言を変えた方がいい」などということを、少し議論したいなと思ってまして。これをどうするの? ツイッター上で?」

坂井秘書
「ツイッター上で」

山田議員
「月曜日、(午後)6時半から。ハッシュタグ『#児ポ要望』で呟いて下さいと。ここでリアルタイムで私のほうがですね、がんばって返信をしながら、ツイッター上で皆さんと議論していこうということです。

で、ちょっと(要望書の)条文を少し見ときますと、(要望書の案の要望1は)『マンガ・アニメに関する検討項目に関して、本法の目的である児童の保護とは直接関係ないから法文から削除せよ』と、まあいうことですね。これは検討事項だったとしても外してくれと。

それから(要望2は)『単純所持の導入にあたっては、いわゆる「3号ポルノ」の文言を明確化し、栃木県の「子供を犯罪の被害から守る条例」等を参考に事前廃棄命令などを盛り込むこと』。これによって冤罪がなくなると踏んでます。いわゆる事前廃棄命令に関して条文を盛り込むことによって、確かに(児童ポルノの)単純所持で傷つく子供たちも居るので、これについては対応していくんだけれども。冤罪ですね、特に(児童ポルノを)送りつけられたりとかすることを(注:児童ポルノの所持規制には冤罪の懸念があるとされています。例えば、政敵のスキャンダルを捏造するために、政敵に児童ポルノを送りつけ同時に警察に通報した場合、通報された側が児童ポルノの所持で逮捕されるのではないか、という懸念があります)。一旦、廃棄しなさいと(警察が命令を出し、その命令を)守らなかったら捕まるよ、と。こういうシステムですね

(要望3は)『その他、表現の自由との関連で萎縮効果を防ぎ、歴史的・芸術的資料の保護に配慮した法文を盛り込むこと』と、まあいうことを考えています。

で、もちろん、これにはいろいろな意見があると思いますので。皆さん、『こんなんじゃ生ぬるい』っていうのもあれば、『これでいいんじゃないか』と。『これでアニメとマンガは守れない』っていう意見もあるでしょうし、『いや、これでしっかり進めてくれればなんとかしのげる』ということもあるでしょう。いずれにしてもですね、国会議員として要望書を送って具体的なアクションに入って行きたいとひとつ思っていますので、ご意見をいただきたいというふうに思ってます

山田議員
「(3月17日、月曜日の18時半からツイッターで)呟きながらですね、ご意見をどんどんどんどん、リアルで私がそれに対して回答していくと。もしかしたら、具体的に放送の形でやる。今から事前告知してよ、ということなので告知して下さい」

坂井秘書
「もう1回言うと、3月17日、月曜日の18時半から、ツイッターハッシュタグの『#児ポ要望』で呟いていただければ、そこで山田さんがリアルタイムで返信して、こうした方がいい、ああした方がいいというのを皆さんにツッコまれて、最終的に要望書ができあがったものを持ってくと。そういうことで考えています

山田議員
皆さんもどんどん、私の方のツイッターからもですね、(この件について)呟いてますので、どんどん拡散をしてですね、大いに盛り上げてもらいたいなと思ってます

(中略:『エンターテイメント表現の自由の会』(AFEE)の話題。AFEEは山田議員が顧問、坂井秘書が代表を務める表現規制反対派の団体。現在AFEEでは、公募で集まった表現規制反対マスコットを使って、わいせつと、児童ポルノと青少年の健全な育成について分かりやすく説明したページを作っているそうです。マスコットの公募は今後も行われる予定です。また、コミケでマスコットの缶バッチの販売も予定しているそうです

坂井秘書
ちなみに、メールで送ってもらってもいいですよ。この(要望書に関する)意見は。見てます

(中略)

山田議員
「それから、要望書うんぬんも、 どこかで、総理も入るような大きな委員会等、質疑で、しっかりまた、どうなってるか触れていきたいと思ってますので。できる限りの政治力をですね、使って頑張ってやりたいというふうに思ってます



文字起こしは以上です。山田太郎議員は、児童ポルノ法によるアニメ・マンガ規制に反対の立場で、国会の内外で精力的に活動してくださっている議員さんです。具体的には、参議院予算委員会で安倍総理と麻生副総理に児童ポルノ法について質問してくれました。その他にも色々と動いてくれていますが、それについてはこのブログの過去記事を参照して下さい。山田議員のニコ生は毎週水曜日22時から放送されています。放送では頻繁に児童ポルノ法について取り上げて下さっています。



【参考リンク】
山田太郎議員公式HP お問い合わせフォーム
http://taroyamada.jp/?page_id=119
(ここから意見を送ることができるようです)
 
 
参議院議員・山田太郎 ニコニコチャンネル


山田太郎議員ツイッター


エンターテイメント表現の自由の会(AFEE)ツイッター


記事について何か問題等あれば、ブログ主のツイッターにご一報下さい→https://twitter.com/YuukiNijino