2013年11月13日のニコ生で、二次元規制反対派の山田太郎議員が児童ポルノ法改正案の現在の状況について語ってくれました。山田議員の発言を文字起こししたので公開します。

文字起こしする動画:
みんなのさんちゃんねる
(この動画の42分45秒付近から文字起こし)

上の動画が見られない方は、近日中に山田太郎議員の公式HPで同じ動画が公開されるはずなので、そちらをご覧ください。
参議院議員 山田太郎 オフィシャル Web サイト


以下、文字起こし


坂井秘書
「児童ポルノ法はちょっと動きがないですね、今ね」

山田太郎議員
「はい。児童ポルノ法に関してはまあ動きがないんですが、前回も言ったように青少年健全育成法に関してどうも自民党が議論しているらしいということで、一生懸命情報を集めようとしてるんですけど、だいたい私が動くとみんな、あのー(笑)」

坂井秘書
「(笑)」

山田議員
「あのー、警戒をしてしまうので、ダイレクトな筋から取れないのでちょっといろいろ聞きまわってるということなんですけどもね。ちょっとまた、それは情報が入り次第」

山田議員
「ただ、いずれにしても楽観視しちゃ、やっぱいけないんですが。もうこの臨時国会53日、半分以上過ぎてあと1ヶ月ちょっとしか無い中で、これで立て込んでる法務委員会を含めて、ちょっと(児童ポルノ法改正案を)通すということはまず無理だと思いますので。今回はですね、まあ、衆議院にぶら下がったまんま、もしかしたら継続審議の形を取るのか、あるいはですね、えー、ちょっと危惧しているのは、(児童ポルノ法のマンガ規制の附則の部分を)青少年健全育成法という法律に変えて、分離してやってくるのか、分からないんですけども。あの、たぶん、今のままの児童ポルノ規制改正法案という形で提出されることはないんじゃないかなあというふうに、思います。そうですね、勝負は次の通常国会になるかなあと、思いますが」


文字起こしは以上です。さて、以前このブログでも取り上げた、児童ポルノ法反対マスコットの件について、続報を見つけたのでここで取り上げておきますどうやら山田太郎議員主導で発足した新しい児童ポルノ法wikiの本格オープン後に、表現規制反対マスコットの募集をかけていく方針のようです。ソースは新児ポ法wikiを管理している『エンターテイメント表現の自由の会』様のツイートです。

国会議員への手紙の書き方等

参議院議員・山田太郎 ニコニコチャンネル

山田太郎議員ツイッター

記事について何か問題等あれば、ブログ主のツイッターにご一報下さい→https://twitter.com/YuukiNijino