2013年10月16日に放送されたニコ生の中で、二次元規制反対派の山田太郎議員がみんなの党の副幹事長、政調副会長に就任したとの報告がありました。二次元規制反対派議員の急先鋒として活動してきた山田太郎議員の発言力が増すことは、二次元規制反対運動にとってもプラスになります。一層の活躍に期待しましょう!

山田太郎議員の実際の発言を文字起こししたので、ブログ記事として投稿します。



文字起こしをする動画:
参議院議員 山田太郎 オフィシャル Web サイト
太郎ちゃんねるさんちゃんねる 10月16日放送分
(この動画の50分50秒付近から文字起こし)



以下、文字起こし。 





山田太郎議員
「実は」

坂井秘書
「そうだ、これ言ったほうがいいんじゃないですか? 山田さん、そういえば偉くなった」

山田太郎議員
党の副幹事長と政調副会長になりまして。経済政策財政…」

坂井秘書
「あと、農水、国交」

山田太郎議員
「に関しての、一応部門で責任者で、実質、法案だとか政策をまとめる責任者になりました」

坂井秘書
「おお」

山田太郎議員
「頑張んなきゃいけないんですけども。そういう意味で、党と政策という形では、積極的にやっていくことになりますし。どの法案であれ、一応、副政調会長っていうのが今3名指名されて、政調会長と政調会長代理で5名が政調に関する役員ということになりますが、それで最終的な党の方針を決めて、役員会で承認をもらってっていう形になるので、実質の議論は私も絡むということで。まあ、今まではですね、なかなか立場上も微妙な(笑)」

坂井秘書
「(笑)」

「立場に居たんですが、できるだけ党の政策としてですね、しっかりいろんなことをやっていきたいというふうに思ってます」

山田太郎議員
「で、党は党であれですけど、やっぱり政治家としてやっている以上、ここで皆さんにお伝えしているような信条は曲げることなく貫き通したいというふうに思っていますので、どうかよろしくお願いします


文字起こしは以上です。このブログでは何度も繰り返していますが、山田太郎議員は、児童ポルノ法によるアニメ・マンガ規制に反対の立場で、国会内で精力的に活動してくださっている議員さんです。具体的には、参議院予算委員会で安倍総理と麻生副総理に児童ポルノ法について質問したり、各国会議員を訪問して児童ポルノ法の危険性を訴えて回っているそうです。山田議員のニコ生は毎週水曜日22時から放送されています。最近は、毎週児童ポルノ法について取り上げて下さっています。また、念のため書いておきますが、みんなの党の山田太郎議員と、直近の選挙で当選した山本太郎議員は別人です。坂井秘書も「よく間違えられる」と仰ってました。






参議院議員・山田太郎 ニコニコチャンネル




山田太郎議員ツイッター




記事について何か問題等あれば、ブログ主のツイッターにご一報下さい→https://twitter.com/YuukiNijino