2014年04月

2014年4月9日に放送されたニコ生の中で、二次元規制反対派の山田太郎議員が「日本ユニセフ協会が『児童ポルノの単純所持禁止を求める要望書』を国会議員全員に配った」という趣旨の発言をしました。山田議員の実際の発言を文字起こししたので、以下に公開します。


文字起こしをする動画:
山田太郎のみんなのさんちゃんねる
(上の動画の19分45秒付近から文字起こし)

上の動画が見られない方は、近いうちに同じ動画が山田議員の公式HPで公開されるはずなのでそちらをごらんください。



以下、文字起こし



山田太郎議員
「ちなみに、今日ですね、こういう(注:冊子を掲げて)のも来まして。(日本)ユニセフからですね、たぶん各議員宛てに来てるんですけども。『児童ポルノの単純所持が禁止されていないのはG8でロシアと日本だけで、早急な法改正をお願いします』ということで。日本ユニセフ協会もですね、いよいよ乗り出したということで、まあ、こんな、要は要望書というかですね、が国会議員全員に配られました

これをもってですね、加速化するかどうか分からないんですけれども、日本ユニセフ協会も少し本気を出してと言うか、腰を上げてですね、これに、いわゆる、やってこうと。ただ、内容はですね、あくまでも単純所持について、ということに絞られていますけれども」



文字起こしは以上です。山田太郎議員は、児童ポルノ法によるアニメ・マンガ規制に反対の立場で、国会の内外で精力的に活動してくださっている議員さんです。具体的には、参議院予算委員会で安倍総理と麻生副総理に児童ポルノ法について質問してくれました。その他にも色々と動いてくれていますが、それについてはこのブログの過去記事を参照して下さい。山田議員のニコ生は毎週水曜日22時から放送されています。放送では頻繁に児童ポルノ法について取り上げて下さっています。

また、当日の放送では『フィギュア・イラストブログを児童ポルノ扱いして運営会社が閉鎖通告を出した為、運営会社に対して抗議署名(賛同者1118人)が提出された件』について、署名提出に同席した山田議員がそのことについていろいろ語ってくれました。その部分の発言についても数日中に文字起こして公開しますのでしばらくお待ちください



【参考リンク】
参議院議員・山田太郎 ニコニコチャンネル

山田太郎議員ツイッター

記事について何か問題等あれば、ブログ主のツイッターにご一報下さい→https://twitter.com/YuukiNijino
このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年4月2日に放送されたニコ生で、山田太郎議員の秘書であり『エンターテイメント表現の自由の会』(AFEE)代表の坂井崇俊氏から、AFEEの活動について報告がありました。また、『フィギュア・イラスト等を載せたブログに対して運営会社からの閉鎖通告があった問題』についても発言がありました。山田議員と坂井秘書の発言を文字起こししたので公開します。


文字起こしをする動画:
衆参国会議員のみんなのさんちゃんねる
(上の動画の40分10秒付近から文字起こし)

上の動画が見られない方は、山田太郎議員のYouTubeチャンネルで同じ動画が公開されたのでそちらをご覧ください。
http://youtu.be/FlWIqVODU9A?t=40m00s
(この動画の40分00秒付近から文字起こし)


【発言者紹介】
山田太郎氏:みんなの党副幹事長。参議院議員。コミケ街頭演説で有名。児童ポルノ法や青少年健全育成基本法による表現規制に反対して、積極的に活動している。元俳優の山本太郎議員とは別人です。

坂井崇俊氏:山田太郎議員秘書。『エンターテイメント表現の自由の会』(AFEE)代表。



以下、文字起こし。



山田議員
「次、児ポ。結構大きな動きがありましたんで」

坂井秘書
「ちょっとその前に宣伝からいいですか?」

山田議員
「宣伝から、はい」

坂井秘書

山田議員
「おー、高いねえ」

坂井秘書
「安くないですか?」

山田議員
「安いんだ。じゃあ、集めてよ、ちゃんとしっかり」

坂井秘書
「で、結構ね、もう、ドンドコドンドコ会員が集まってきて。で、寄付のページも実は作ってるんです。まだ、告知はしてないんですけど。寄付もね、なんと2人からいただいて」

山田議員
「ありがとうございます」

坂井秘書
「ありがとうございます」

山田議員
「ちょっとじゃあ、しっかりこの調査のために、あのー、クリーンな会計で全部公開はして下さい」

坂井秘書
「はい」

山田議員
「ちゃんとやりたいと思ってますので」

坂井秘書
「そうですね」

山田議員
AFEEは児ポ問題とか、まあ『エンターテイメント表現の自由の会』ということでなんのために作ったかというと、いろんな児ポに関する情報が集めてる人も集めてるサイトもないんですよね。(注:私も含め、個人で情報を集めて発信している人はいます。ただ、やはりちゃんとした団体が情報を精査した上で発信してくれると、周囲からの信頼度が上がるので、そこは大きいです)で、我々は国会活動をする上においても、皆さんから集まった貴重な情報を使っていく必要があるし、皆さんもそれを見ながら『こういうことが起こってるんだ』ということを共有したい。まあこういうふうにも思っていまして、非常に。あ、AFE48はどうなったの?」

坂井秘書
「マスコットですか?」

山田議員
「マスコット」

(注:AFE48はAFEEが公募で集めた表現規制反対マスコットキャラクターのグループ) 

坂井秘書
「ちゃんと順調に。まだ増やしてないですけど。まだ30人」

山田議員
「まだ30名」

坂井秘書
ちょっとスペシャルな企画があるんです

山田議員
「スペシャルな企画」

坂井秘書
「これ、あと(枠が)18人余ってるじゃないですか。(注:AFE48なので、将来的に48人のグループにするらしいです。現在30人なので、残り18人ということですね)で、クラウドファンディングでお金を集めて、ちゃんとマンガ家の人にお金を払って、それで絵を描いてもらおうかなと」

(中略)

山田議員
「ぜひぜひ」

坂井秘書
「ちょっと皆さん、どうなのかな、みんな。ギャラを払ってそれでやろうかと。で、そのために、こう、『カミセブン』というのを作ろうと思ってて」

山田議員
「カミセブン?」

坂井秘書
カミセブン。7人のマンガ家に7個絵を描いてもらおうと。ちょっとそういうのを今考えてるんで。ちょっと面白くしようかと」

山田議員
「いいねいいね。僕らの世代から行くとさ、まあ赤松さんはぜひ応援したもらいたいと思いますけれども、あのー、『銀河鉄道999』とかさ」

坂井秘書
「ああ、エロかったですもんね」

山田議員
「メーテルとか、描いてほしいよね。鉄郎はいいや」

坂井秘書
「(笑)」

山田議員
「『宇宙戦艦ヤマト』。なんとかユキ。なんだっけ? 忘れちゃった。いいねー」

坂井秘書
「あとメルマガも月1で発行しようかなと思ってて」

山田議員
「頑張るねえ。いいじゃない。あ、森雪、森雪、そうそう、うん。じゃあちょっとこれはこれで頑張っていこうということで。ぜひ、AFEEの活動やってますから」

坂井秘書

山田議員
afee.jpです。よろしくお願いします」

坂井秘書
「あ、メルマガはタダにしようとしてます」

山田議員
「さて、次は」

坂井秘書
「今日はいっぱいあるんですけど、ガレージキットの件かな」

山田議員
「やろう! これは大事な話なんでね。非常に大きな問題」

坂井秘書
「これ、ちょっとAFEEでも今、事実と何が問題なんだというのを整理して、まとめてます。いろいろ世の中にまとめサイトあるんですけど、ツイッターの(呟き)を並べてるだけなんで、なにがなにやら分からないんですよ」

山田議員
「我々がちゃんとまとめてですね、きちっと事実関係を」

坂井秘書
「で、まず、事の発端は何かって言うとですね、AutoPageっていうGMOがやっている、まあ、ホームページ作成のためのサイトが有るんですよ。そこにいわゆるフィギュアとかイラストとかを載せてるブログにですね、軒並みですね、ブログ閉鎖のですね、ブログ停止のメールが来たと。これ、読むとですね『このたび外部機関より、ご利用ブログに児童(ポルノ)またはそれに類する疑いのある内容の投稿があるという指摘があり、昨今の社会情勢の変化等を鑑みた結果、誠に申し訳ございませんが、当ブログを削除させていただく事となりました』」

山田議員
「いっきに来たんだ。ブログ閉鎖。自主規制ですね」

坂井秘書
「完全に自主規制。GMOのAutoPageっていうホームページで、作ってるホームページを閉鎖しなきゃならないんですよ。フィギュアとかイラスト載ってると。で、それがヒドいのがですね、『児童ポルノまたはそれに類する疑いのある内容』って言ってるんですけど、見るとですね、児童ポルノじゃないんですよ。例えばね、『うさPハウス』さん。これダメなんです(実際のブログを映しながら)」

山田議員
「これ『うさPハウス』で、自主規制で、落ちたと、サイトが。あ、書いてある。『悲報、うさPハウスのこのブログ近日消滅』。はあ・・・」

坂井秘書
「これが児童ポルノだっていう、そういう。まあ、中にもありますけどね、フィギュアのこういうの(注:実際のサイトを参照しながら言っている。実際のサイトを参照して下さい)、ね」

山田議員
「もう『これはダメだ』と」

坂井秘書
「はい。これがもう、いくつもいくつも…、いま4つぐらいかな? 今確認しているのは4つか5つくらいのサイトがもう、こういうのがGMOから来て閉鎖しなきゃいけない、あるいは移設しなきゃいけない、というので、みんな結構大騒ぎになってますね」

山田議員
「どこまで影響があるんだろうね?」

坂井秘書
「いや、でも、こういうのって大手の何社かがやったら、結局法律と一緒かそれよりも実際の効果って出ちゃうじゃないですか。そういう萎縮みたいな問題で言うとね」

山田議員
「でも、これがまかり通ると、かなり自主規制は厳しいね。思ったよりも厳しいと思いますね。なるほど」

坂井秘書
「ちょっとそういったところを今まとめてますので」

山田議員
「こういうのもAFEEでどんどん情報を公開していきますし、この番組でも出来うる限りやっていこうというふうに思います。(コメントで)『地下に潜るだけじゃね?』とか言ってますけど、地下に潜ったってできませんから。コミケが次は危ないというふうに思いますので。だって、これがダメなら全然ダメだよコミケなんて。ひっくり返っちゃうよ。鼻血ブー出しちゃうよ。こないだもコミケ行きましたけどね。別に想像上のものなんだからね。何を想像しようと勝手だよね、というふうに思うんですけどね」

坂井秘書
「これ、ある方がこれについて問い合わせをしたんですよ。『どの絵がダメなの?』っていうのを。でも、それを聞いたら『どの絵がダメかというのは言えません』みたいなのが来て」

山田議員
「そのサイト会社(から)ね」

坂井秘書
「はい」

(注:今回のブログ閉鎖勧告を行ったブログ運営会社に対する抗議の署名を集めている方がいるので、紹介します。目標まであと200人というところで集まりが悪くなっているので、皆様署名にご協力をお願いします。 →『フィギュアは、児童ポルノではありません。』署名キャンペーン

山田議員
「法務委員会はどう?」

坂井秘書
「法務委員会は今、結局、閣法で11本かな? 11本出てて。あ、全部で14本出てるんですよ。あ、ごめんなさい、全部で12本出てるんですね。で、そのうちの今もう3本通っちゃったんですよ」

山田議員
「ただ、12本通すの大変よ。毎週だと12週ないもん、あと。週に2回ずつの勢いでやってかないとできないから。その閣法を優先的に、議員立法をやるっていうのは…」

坂井秘書
「この間予算通ったばかりなのに、もう3本ですよ」

山田議員
「うーーん・・・」

坂井秘書
「で、来週の火曜日にまたやるって言ってるんで」

山田議員
「あ、そう。ちょっとじゃあ、状況をもう一度見て行きたいと思いますけど」

坂井秘書
「結構、いんぶ(注:委員部?)には問い合わせていて、たぶん『また山田事務所から電話がかかってきた』って思われてると思いますよ(笑)」

山田議員
「あのー、自民サイドも単純所持との問題で切り離してマンガのところを落とす気無いみたいだね、今のところ。結局、単純規制だけじゃなくて、マンガも網にかけて検討事項は外さずにやる感じなので、結構かなり、さささってやられると厳しい状態になるかなっていうことと(注:山田議員のこの発言については放送後にツイッターで補足があり、『先日のさんちゃんねるでの附則2条の件、誤解があるようなので訂正をさせて下さい。現時点で国会内での新たな動きは把握していません。ただし、附則2条がついたものが衆院には提出状態にあり、いつ審議入りしてもおかしくありません。附則2条を外すつもりなら、早期に取り下げて頂きたいと思います』とのことでした。また、自民党の内情に通じているマンガ家の赤松健先生もツイッターで『昨日騒がれていた児ポ法改正案の新情報について、各所にヒアリングしましたが、まだそれほどネガティブな確定要素は出てきていません。・・・油断は禁物ですけど』と仰っていました)。こういうふうに自主規制が出てくると、外堀が埋まっちゃうのでなんとかですね盛り上げていかないとと思います」

(後略:この後、坂井秘書からshare上の児童ポルノ取り締まりの方法に対する問題点の指摘がなされました。この件はAFEEのサイトやニコ生で報告が行われるようです。本当は坂井秘書の発言を文字起こししたいのですが、労力的に無理です。ごめんなさい。興味がある方は、近日中にアップされるであろう動画のほうをご覧ください)


文字起こしは以上です。山田太郎議員は、児童ポルノ法によるアニメ・マンガ規制に反対の立場で、国会の内外で精力的に活動してくださっている議員さんです。具体的には、参議院予算委員会で安倍総理と麻生副総理に児童ポルノ法について質問してくれました。その他にも色々と動いてくれていますが、それについてはこのブログの過去記事を参照して下さい。山田議員のニコ生は毎週水曜日22時から放送されています。放送では頻繁に児童ポルノ法について取り上げて下さっています。



【参考リンク】
参議院議員・山田太郎 ニコニコチャンネル

山田太郎議員ツイッター

エンターテイメント表現の自由の会(AFEE)ツイッター

記事について何か問題等あれば、ブログ主のツイッターにご一報下さい→https://twitter.com/YuukiNijino
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ