2014年1月14日に行われた記者会見の中で、都知事選に立候補している舛添要一氏がマンガ規制についての質問に答えている箇所がありましたので、文字起こしして公開します。


文字起こしをする動画:
 舛添要一(ますぞえよういち) 都知事選挙出馬表明 質疑応答3/4 平成26年1月14日
この動画の00分25秒付近から文字起こし

以下文字起こし




FRANCE10及川
「石原都政において、マンガの表現規制、有害図書規制や、あるいは性風俗の規制というのがだいぶ強化されましたが、この政策は今後も続けていくのか?

舛添要一候補
「これはですね、その、青少年に対して害を与えるという面はしっかり、あのー、注意しないといけないですけど、基本的に表現の自由。つまり、憲法で定められた基本的人権は、これは、人類が勝ち取った、まあ天賦人権説というのはありますけど、人類はここまで苦労してまさにフランスならフランス革命以来勝ち取った権利なんで。これはもう、これをしっかり守るっていうのは基本ですで、そっから先、公共全体のことを考えた時に、ちょっとそこまでは行きすぎだというのは、それは、きちんと議会と議論をして、規制すべきは規制すると。しかし、基本はやっぱり、自由。まあ、私がフランスに長かったわけじゃないですけれども、あのー、そういう考えでおります」

FRANCE10及川
「さきほど質問で、性風俗の店舗というのを石原さんが、まあだいぶ浄化していったんですけども、この政策については今後も継続してやっていくつもりでしょうか?」

舛添要一候補
「まあ誰が見ても、ちょっとー、恥ずかしいなあと思うようなもの。で、こういうのをオリンピックに来られた方々に晒していいんですかっていうのは、それはやっぱり基本的な常識っていうところへ収まると思いますから、そこは、あの、今のような考えです」



文字起こしは以上です。

【参考リンク】
舛添氏のマンガ規制問題へのスタンスについては、メディアや団体が行った政策アンケートもありますので、以下に紹介しておきます
 
東京都知事選2014 都政におけるメディアに関する政策についてのアンケート(MIAUによる政策アンケート) 
ますぞえ要一候補回答

荻上チキ・Session-22 2014年 都知事選東京都知事選挙候補者への公開質問状 回答編(TBSラジオの番組による公開質問状)
http://www.tbsradio.jp/ss954/2014/02/post-243.html



この記事について何か問題等ある場合は、管理人のツイッターにご一報下さい→