ソース:
参議院議員 山田太郎 オフィシャル Web サイト
児童ポルノ規制法に関する請願書の紹介議員になりました!
http://taroyamada.jp/?p=3258
(16:30~)

以下、文字起こし


みんなの党山田太郎参議院議員
「それから、自民党の方の中の法務部会ですね。まああまり他党の話をするのもなんなんですが、じゃあJ党としておきますか。はですね、いろいろ議論があった中身は私のところにも伝わってきてるんですけれども。法案提出者の1人はですね、マンガとかアニメの、要は性犯罪の因果関係については実はまだまだ分からんと、こういう発言をしていたと。しかしですね、そういう可能性がある以上、この法律に対しては有効だみたいなことを言ってたと。それからもうひとつはですね、PTAの方から陳情があったということを規制派の議員からの報告があったということで、相当ですね選挙の票を持っている応援をしている、あるいは支援をしている、もしかしたらお金をもらっているのかもしれませんけれども、からですねこういうものは取り締まってもらいたいというPTAからの強い要望とか陳情があったということを明らかにしてると、いうことなんですね。あと、色んな議員がですね、大人はいいけど子どもには見せてはいけないものなんだと、どうして取り締まらないのか理解ができないと。こんなようなことも言ってるわけでありまして、なんで児童ポルノの写真が被害者として流通するのを避けようという被害者救済の話が、マンガを見ると児童ポルノが流行るという話にすりかわってそこばっかり議論になっていくかは、正直ですねこういう公共のと言うか、こういうアレだからいいと思いますけれども、頭が悪いとしか理解ができないと」