2013年7月10日のニコ生で、みんなの党の山田太郎参議院議員から、引き続き児童ポルノ法についての情報提供を求めている旨の発言があったので、表現規制クラスタの方々は引き続き山田太郎議員への情報提供を続けていただければと思います。一応、発言の文字起こしも公開しておきます。


文字起こしをする動画:

みんなのさんちゃんねる-ニコニコ生放送
http://live.nicovideo.jp/watch/lv144508041
(↑の動画の1:00:20付近から文字起こしします)


上の動画を見ることが出来ない方は、山田議員の公式HPで近いうちに実際に放送されたニコ生の動画がアップされますので、そちらをご覧ください。
参議院議員 山田太郎 オフィシャル Web サイト:
太郎ちゃんねる さんちゃんねる
http://taroyamada.jp/?cat=61



以下、文字起こし


山田議員
「で、よく私の所にツイッター等も含めて意見が来るのは、『山田さん、マンガと性犯罪っていうのは、全く関係がないんです。こういうロジカルな調査があるんです』っていうことをたくさん送ってもらってるんですね。で、これは大変ありがたいし、私は皆さんのそういう声に支えられながら、自分で調べなくてもたくさん情報が


坂井秘書
これはホントありがたいですよね


山田議員
ありがたいです。ホントにですね、ありがたいので、どんどん情報はですね、このまま引き続きいただいていけば、それを私自身が使って国会でも戦って行きたいと思ってるんですけれども」


山田議員
「ただ、彼らはですね、結局、ロジカルじゃないので。じゃあ、そういうものを出したとしても、御用学者って言われるような自分たちに都合がいいことを言う人たちを連れてきて、『いや、逆に言うとこんなに危険だ』というデータっていうのを、たぶんでっち上げると思うんだよね。だから、そういう意味でですね、非常にやっかい」



文字起こしは以上です。表現規制クラスタの皆様をはじめ、児童ポルノ法による二次元規制に反対の方は、山田太郎議員への情報提供を引き続きお願いします。児童ポルノ法について何か有益な情報がある場合は、山田議員にメールなりツイッターなりで情報提供してあげて下さい。

山田太郎議員ツイッター
https://twitter.com/yamadataro43

山田太郎議員公式HP
http://taroyamada.jp/

この記事について何か問題があれば、ブログ主のツイッターにご一報下さい→https://twitter.com/YuukiNijino

このエントリーをはてなブックマークに追加

『ラブひな』や『ネギま!』の作者として有名で、児童ポルノ法によるマンガ規制に反対の立場で精力的に活動してきた、マンガ家の赤松健先生。児童ポルノ法を始めとした二次元規制立法に反対の立場で国会議員として活動し、アニメ・マンガ・ゲーム産業の振興を訴えてきた政治家のたるい良和氏。参院選に比例区から民主党公認で出馬するたるい良和氏と、赤松健氏の対談が、2013年5月5日にYouTubeで公開されました。その動画の中で、たるい良和氏がマンガ・アニメ・ゲームのクリエーターを租税面などで優遇してクリエーターが住むための街を作りたい、という構想を語っていた部分を文字起こししました。



文字起こしをする動画:
『児童ポルノ禁止法改正案に もの申す!』漫画家 赤松健×政治家 たるい良和対談
http://www.youtube.com/watch?v=n81MWqKDocs
(↑の動画の30分40秒付近から文字起こししています)



以下、文字起こし



たるい
「最初の選挙で公約したのが、ハリウッドやブロードウェイに比肩するようなエンターテイメントのエリアを作ろうという」

赤松
「どこにですか?(笑)」

たるい
「日本にですね」

赤松
「ええー(笑)。それはどういうジャンルなんですか?」

たるい
「結局ね、例えばゲームにしても映画にしても音楽にしても、なんかこう1箇所に集めたかったんですよね、才能を、地域的に。だから、映画作りたかったらハリウッドに行くっていうのがあるじゃないですか

赤松
「そこななんかクリエーター関連は税金が安かったりするんですか?(笑)」


たるい
「そうだよ、そうだよ。もちろんそうなんです」

赤松
「いいですね! 私そこ行きたい!」

たるい
「このエリアに例えばマンガの関連の会社、マンガ家、専門学校、マンガ関連のものが来れば10年間税金タダとかいうの。そしたら、世界中から儲かってる人が来て、すごいそこはマンガアイランドみたいになるんです。で、それ自体はすごい観光スポットにもなるし、そこから才能同士が…、同じような才能を持ったり同じ趣味の人がうろうろしてるんで、何かがグループになったり結婚したり、いろんな事が起こって、また発生するんですよね。それがまた国のエネルギーになるし」

赤松
「なるでしょうね」

たるい
「で、その地域の住民、税金が少ないじゃないかってこともないです。寄ってきて引越しして、また入れ替わって、新しい観光資源にもなるし」

赤松
「そこにジブリとかジャンプが行けばなんかできますからね」

たるい
「そうなんです。だから、本当は政治家としてはこういう規制を起こすようなもの(≒創作物規制の法律)にだーんと反対すると同時に、もっと振興するためには、例えばどこかの街をここはマンガの街だと決めてしまって、そこにマンガの才能がある人を全世界から集める勢いで。で、そうすると、例えばゲームの街があれば、そこに例えばスーパーマリオがうろうろ歩いていても誰も怒らないわけですよ」

赤松
「なるほど」

たるい
「で、新しいゲームのプレゼンをどっかのビルの壁一面でやってもウケるんですよね」

赤松
「なるほどね。面白いですね。それは世界からも取材にも来るし、観光も来ますよ

たるい
「だからそういう面白い爆発力のあることなんだけど、『それを政治がやることか!』みたいなイメージが日本にあったものを、『いやいや』、やって将来的なクリエイティブクラスの育成とともに、新しい時代のもう一歩先のコップにピカチュウ印刷したら12倍になるような(注:たるい氏は「100円のコップにピカチュウを描けば1200円になる。マンガ・アニメにはそういう力がある」という趣旨の発言を動画中にしていました)そういう経済力を日本に持たせるためには、やるべきだっていうね、そういう政治的な運動を本当はやりたいんですね」

赤松
「(笑)。やってくださいよ『本当は』じゃなくて!(笑)」

たるい
「だから民主党自体がとか、自民党自体がそういったことをするっていう動き自体はあんまり…」

赤松
「確かにありますよ。でもなんかその一方でちょっと頭叩くようなこともするから、ちょっと『ん?』とは思ってるんですけど」

たるい
「だから、エンターテイメントに特化した部分もちょっと持ってることで、政治運動していきますんで、是非、力貸していただきたいと言いますか(笑)

赤松
「(笑)。分かりました、はい。それはもう私もそうですけど、漫画家協会としても、児童ポルノ法改正案民主党案ってあったんですよね。あれなんか素晴らしい出来でした。あれだったら我々もわりと文句ないです。その辺に関しては非常に共感を持っておりますので、是非応援させていただけたらと思います

たるい
「ありがとうございます」



文字起こしは以上です。たるい良和氏は、元ゲームショップ店長でファミ通に連載を持っていたこともある政治家さんです。児童ポルノ法などの二次元規制立法に反対し、今国会では、児童ポルノ法民主党案の作成に規制反対の立場から関わり、また、創作物と性犯罪の発生件数に関連があるか否かを質問主意書で内閣に質問する、などの形で活動を続けて来ました。


動画の最後で赤松健氏はこのように語っています。

赤松健
たるい先生、非常に我々マンガ家の味方として、表現規制に関して反対を言っていただいているので非常に助かります。(参院選では)『二枚目(の比例区の投票用紙)はたるい』先生とお書きいただければ、ありがたいと思います


たるい良和議員ツイッター
https://twitter.com/tarui_yoshikazu

【対談:漫画家赤松健×民主党たるい良和】その1:たるい良和、都条例改正によって実際に起きたマンガ業界の萎縮を語る
http://nijigenkisei.ldblog.jp/archives/29259726.html

【対談:漫画家赤松健×民主党たるい良和】その2:たるい良和、児童ポルノ法による二次元規制反対を力説する
http://nijigenkisei.ldblog.jp/archives/29262427.html

この記事について何か問題があれば、ブログ主のツイッターまでご連絡下さい。→https://twitter.com/YuukiNijino

未成年の選挙運動は禁止されているため、20才未満の方はこの記事にリンクを張って呟くことなどはご遠慮ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

『ラブひな』や『ネギま!』の作者として有名で、児童ポルノ法によるマンガ規制に反対の立場で精力的に活動してきた、マンガ家の赤松健先生。児童ポルノ法を始めとした二次元規制立法に反対の立場で国会議員として活動し、アニメ・マンガ・ゲーム産業の振興を訴えてきた政治家のたるい良和氏。参院選に比例区から民主党公認で出馬するたるい良和氏と、赤松健氏の対談が、2013年5月5日にYouTubeで公開されました。その中でたるい氏が、児童ポルノ法について二次元規制反対の立場から意見表明をしている部分を文字起こししました。


文字起こしをする動画:
『児童ポルノ禁止法改正案に もの申す!』漫画家 赤松健×政治家 たるい良和対談
http://www.youtube.com/watch?v=n81MWqKDocs
(↑の動画の22分00秒付近から文字起こししています)



以下、文字起こし



赤松健
このあいだの民主党の会議(注:民主党が児童ポルノ法改正民主党案の内容を決めた会議)の、我々漫画家協会と雑誌協会とかをヒアリングしていただいて、その後も民主党として(児童ポルノ法の規制対象から)創作物を抜くと決めていただいた立役者!ですよね」

たるい良和
「(笑)」

赤松
非常に感謝しております

たるい
結局枝野さん(=枝野幸男元官房長官)自体がその方針でどんどん押してくれてたんで、すごい楽だったんです。で、あの江田五月さんも実はマンガ・アニメ・ゲームを規制すべきではないっていうほうで」

赤松
「江田先生でもなんか、『んー?』みたいな顔してらっしゃいましたけど(笑)」

たるい
「うん、『んー?』という顔はしてたんだけど、やっぱりね、小説とか絵画は良くて、マンガ・アニメ・ゲームがダメっていうのは筋が通らないんですね」

赤松
「確かにね」

たるい
「で、結構議論で『マンガ規制すべきだ』っていうのはあったんですけど。僕が言ったのは、マンガによって欲情して被害が増えてるんじゃないかっていう話があったんだけど、その証拠もなければ。で、結局ゲームが暴力性を助長するとかいったところで、ゲームがない時に戦国時代も戦争もあってですね

赤松
「確かに」

たるい
「で、インベーダーが流行ってからその後1回でも日本が戦争をしたのかっていうと、意外と人を殺したりしてるのは、そんなのは無い時代なんだから、増えてるわけじゃないんですよね」

赤松
「確かに科学的な根拠は無いです」

たるい
「で、むしろマンガによってある種の欲望みたいなのを少し満たすことによって、本物が被害に遭う部分をですね、抑えてる部分があるんじゃないかって僕は思ってるんですね」

赤松
「日本なんかではそうかもしれないです。犯罪率も減ってますしね」

たるい
「だから結局、質問主意書で『(創作物によって)犯罪がどれだけ増えたのか』っていうのを出してもね、別に増えたのか減ったのか関係ないんですよね。だから、ゲームができて、もしイジメとか増えたんだったら分かるけど、よく考えたらゲームが無いときのほうがよっぽど暴走族みたいなのは多かったですね

赤松
「その辺が、犯罪白書とかみてみるともう全然減ってるっていうのがあって、規制の賛成派推進派っていうのはだから、あんまり議論には出てこないですよね」

たるい
「そうですね」

赤松
「我々が勝ってしまうので」

たるい
「だから結局ピストルで撃ちまくるのが、ゲームだったらダメで、本物だったらいいのかというそんなバカな」

赤松
「(笑)」


たるい
「その真似する本物があっての話だからゲームのほうは。本物のほうが許されてるほうがおかしい話であって。で、本物のほうを例えば強化しようっていう政治をしてる人が、偽物の方はダメですよっていうのはおかしいですよね」

赤松
「ちょっとおかしいですよね(笑)。よく海外に合わせてとか、海外では児ポとかかなり(規制が)キツいのでっていうアレもありますけど。実際にはアメリカとかでも創作物の規制は違憲であると出てるし、EUなんかでも実写と創作物を分けるというのが主流なので、海外の風潮がそうだからっていうのも合ってないんですよ

たるい
「そうですね。だから、(児童ポルノの)単純所持(規制)なんかにしてみたら麻薬とか拳銃と同じ扱いでね、児童ポルノをやっちゃう(=規制しちゃう)と、そんなもんイギリスとかじゃあ奥さんが離婚したいから旦那の鞄の中に児童ポルノの写真を放り込んだみたいな」

赤松
「そうですね」

たるい
「そういうことになっちゃうんですよね」

赤松
「なんかもう、ただただ怖いだけの社会になっちゃうと嫌ですねえ」

たるい
「そうですそうです。で、パソコンなんか、誰かが上手いことハッカーみたいなので、(児童ポルノの)写真忍ばして警察に通報すればですね、十分そんな…罪にならないわけでもない。で、まして警察がなんかの犯罪で、パソコンを調べたい時に、児童ポルノの写真がひょっとしたらあるかもしれない、みたいなのでパソコンを持ってけるようになったりしたらですね、なんかそこで捜査権の濫用とかがあると思ってですね。だからそこはやるべきではないと思うんです」

たるい
「で、結局禁酒法と一緒だと思うんです」

赤松
「そうですね」

たるい
「お酒を飲まないほうがいいんじゃないかみたいなことを言って、禁酒法にしていいことありましたかっていうと、実はギャングが暗躍したりするだけで、もっと暴力性が激しくなってきた」

赤松
「なるほど」

たるい
結局まともなコンテンツすらね、ダメになるようなことになるだろうっていうのがね、容易に予想できるんで。何としても今回、立役者の赤松さんに」

赤松
「いえいえいえいえ(笑)。立役者は先生ですけど(笑)」

たるい
「(赤松さんに)応援いただいて、選挙戦を勝ち抜こうという(笑)

赤松
「なるほど(笑)」



文字起こしは以上です。たるい良和氏は、元ゲームショップ店長でファミ通に連載を持っていたこともある政治家さんです。児童ポルノ法などの二次元規制立法に反対し、今国会では、児童ポルノ法民主党案の作成に規制反対の立場から関わりました。また、創作物と性犯罪の発生件数に関連があるか否かを質問主意書で内閣に質問する、などの形で活動を続けて来ました。


動画の最後で赤松健氏はこのように語っています。

赤松健
たるい先生、非常に我々マンガ家の味方として、表現規制に関して反対を言っていただいているので非常に助かります。『(参院選の)二枚目(の比例区の投票用紙)はたるい』先生とお書きいただければ、ありがたいと思います


たるい良和議員ツイッター
https://twitter.com/tarui_yoshikazu


【対談:漫画家赤松健×民主党たるい良和】その1:たるい良和、都条例改正によって実際に起きたマンガ業界の萎縮を語る
http://nijigenkisei.ldblog.jp/archives/29259726.html

【対談:漫画家赤松健×民主党たるい良和】その3:たるい良和、マンガ家優遇のマンガ特区構想を語る
http://nijigenkisei.ldblog.jp/archives/29263893.html


この記事について何か問題があれば、ブログ主のツイッターまでご連絡下さい。→https://twitter.com/YuukiNijino

未成年の選挙運動は禁止されているため、20才未満の方はこの記事にリンクを張って呟くことなどはご遠慮ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ