現在、国会の大きな争点となっている組織犯罪処罰法改正案(テロ等準備罪法案、共謀罪法案とも)ですが、この法案が同人等の二次創作文化に打撃を与えるのではないかという懸念の声が一部で上がっています(例えば、山田太郎前議員の公式HPの記事を参照のこと→https://taroyamada.jp/?p=9270)。2017年3月17日、丸山穂高議員はこの件に関する質問を含む質問主意書を提出。内閣は丸山議員の質問に答弁書で回答しました。

実際の質問主意書と答弁書は衆議院の公式HPに掲載されていますが、質問主意書と答弁書が別々に掲載されていると読みづらいので、質問主意書と答弁書を一つにまとめて掲載してみます。

以下、青字部分が丸山議員の質問主意書の記述、赤字部分が内閣の答弁書の記述、黒字部分が当ブログ管理人による注釈部分です。



 東京オリンピック開催を控えた我が国の現状や、近年における犯罪の国際化及び組織化の状況に鑑み、テロ等の重大犯罪を事前に取り締まり抑止していくことは極めて重要である。その一方で、組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律等の一部を改正する法律案(以下「法案」という。)が政府提出、国会審議の後に成立すると、我が国が世界に誇るアニメやコスプレ文化の基盤である二次創作や同人活動を萎縮させ、その発展を阻害するのではないか等の法案に関する様々な懸念の声も上がっている。
  そこで、以下質問する。

(丸山議員の質問)
一 法案の別表第三及び第四において著作権法並びに特許法、実用新案法、意匠法及び商標法における罪が含まれている理由について、それぞれ伺いたい。
 
八 昨年提出の環太平洋パートナーシップ協定の締結に伴う関係法律の整備に関する法律案における著作権法改正では「原作のまま複製された複製物」(以下「海賊版」という。)といった対象の限定を行っている一方、本法案では、別表第三及び第四における著作権法の罪の対象について、海賊版に限定されていない。その理由について伺いたい。

(内閣の回答)
一及び八について
国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約第五条1(a)(i)に規定する行為を犯罪とする法整備を行うに当たり、同条1が定める義務を誠実に履行するためである。



(丸山議員の質問)
二 法案の別表第三及び第四に掲げる罪において引用元の罪が親告罪の場合は本法案においても親告罪となるのか。例えば、著作権法第百十九条第一項及び第二項の罪が含まれているが、この法案においても親告罪なのか。

(内閣の回答)
二について
お尋ねの意味するところが必ずしも明らかではないが、今国会に提出している組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律等の一部を改正する法律案による改正後の組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律(平成十一年法律第百三十六号。以下「改正後組織的犯罪処罰法」という。)第六条の二の罪における実行準備行為を伴う計画行為の対象である犯罪が親告罪である場合、すなわち、仮にそのままその計画に基づき、その犯罪が実行され、実際の法益侵害に至ったとしても告訴がなければ公訴を提起することができないとされている場合には、当該法益侵害を未然に防止するためにその前段階の行為を処罰の対象とする同条の罪についても、同様に親告罪となるものと考える。



(丸山議員の質問)
三 法案における「テロリズム集団その他の組織的犯罪集団」の「その他」はどのような集団を想定しているのか。

(内閣の回答)
三について
改正後組織的犯罪処罰法第六条の二第一項に規定する「組織的犯罪集団」としては、例示している「テロリズム集団」のほか、例えば、暴力団、薬物密売組織などを想定している。



(丸山議員の質問)
四 マンガやアニメ等を元に創作した同人誌やグッズのような二次的著作物の制作又は販売を行う団体は、この法案における組織的犯罪集団に含まれるのか。含まれない場合にはその理由も示されたい。含まれる場合にはそうした団体の内どのような要件を満たした団体が、それに当たりうるのか示されたい。

(内閣の回答)
四について
お尋ねのような団体は、改正後組織的犯罪処罰法第六条の二第一項に規定する「団体のうち、その結合関係の基礎としての共同の目的が別表第三に掲げる罪を実行することにあるもの」との要件を満たさない限り、同項に規定する「組織的犯罪集団」に該当しない。



(丸山議員の質問)
五 組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律における「組織」(指揮命令に基づき、あらかじめ定められた任務の分担に従って構成員が一体として行動する人の結合体をいう。)とは具体的にどのようなものを指すのか。

(内閣の回答)
五について
お尋ねについては、御指摘の「組織」という用語を用いている個別の規定に即してお答えすることが適切と考えられるところ、改正後組織的犯罪処罰法第六条の二第一項に規定する「当該行為を実行するための組織」とは、同項各号に掲げる罪に当たる行為を実行するために、指揮命令に基づき、あらかじめ定められた任務の分担に従って構成員が一体として行動する人の結合体をいい、例えば、ハイジャックの実行部隊などがこれに当たる。



(丸山議員の質問)
六 右記の「組織」の定義における「指揮命令」とは、単にリーダーが存在するということだけでよいのか。また、サークルや法人等、団体の形態により形式的に分類できるものか。例えば、会社法に基づく株式会社については指揮命令系統があるという認識か。

(内閣の回答)
六について
お尋ねの「指揮命令」の存否については、御指摘の「リーダーが存在するということ」又は「団体の形態」のみにより画一的に定まるものではなく、改正後組織的犯罪処罰法第六条の二第一項各号に掲げる罪に当たる行為を実行するための人の結合体であるものについて、構成員相互の関係その他の当該人の結合体の実態等を踏まえ、個別具体の事例に即して判断されるべきものと考えられる。



(丸山議員の質問)
七 法案における「資金又は物品の手配、関係場所の下見その他の計画」の「その他」はどのようなものを想定しているのか。

(内閣の回答)
七について
改正後組織的犯罪処罰法第六条の二第一項に規定する「計画をした犯罪を実行するための準備行為」としては、例示している「資金又は物品の手配」及び「関係場所の下見」のほか、例えば、犯行手順の訓練、犯行の標的の行動監視などを想定している。


以上です。衆議院の公式HPで実際の質問主意書と内閣の答弁書の内容を確認することができます。


テロ等準備罪法案における言葉の定義及び著作権法等の扱いに関する質問主意書
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a193139.htm 

衆議院議員丸山穂高君提出テロ等準備罪法案における言葉の定義及び著作権法等の扱いに関する質問に対する答弁書
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon_pdf_t.nsf/html/shitsumon/pdfT/b193139.pdf/$File/b193139.pdf



【参考リンク】
丸山穂高議員Twitter
https://twitter.com/maruyamahodaka 
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年3月1日に放送されたニコ生で、山田太郎前議員が、民進党の有力議員である玉木雄一郎議員との予定について報告を行いました。山田太郎前議員の当日の発言を文字起こししたので公開します。また、文字起こしの公開について、山田太郎前議員の許可をいただいています。

文字起こしをする動画:
【第263回】花粉・東京都青健条例・自民党CJ-PT 今週ももりだくさん【前参議院議員山田太郎のさんちゃんねる】
http://live.nicovideo.jp/watch/lv290641319
(この動画の1:09:40付近から文字起こし)


170302



以下、文字起こし。



山田太郎前議員
「で、あとは、報告としては、(自民党の)クールジャパン戦略推進特命委員会MANGAナショナルセンター構想PT。これ、自民党のプロジェクトなんですけど、ここのアドバイザーに私が就任してですね、MANGAナショナルセンター構想に関して、アドヴァイズというかサポートをするということで、始まりました。一部、Twitter等でも出てましたけれども。

こう言うとですね、すぐ『(山田太郎は)自民党入りだ』とかですね、『(山田太郎は)自民党だったのか』とか『やっぱりな』とかって言う人がいるけど、別に自民党員でもなければですね、別に今、自民党支持者でもありません

ただ、MANGAナショナルセンターに関しては、議連の時からサポートしてきたわけですし(注:MANGAナショナルセンター構想は、超党派の『マンガ・アニメ・ゲームに関する議員連盟』で議論されてきたもので、山田太郎前議員は、現役議員時代には議連の事務局長代行として、そして、落選後はアドバイザーとして議連に関わってきました)、これがいよいよ政権与党の中で議論する流れ(の中)では、やっぱりそこはサポートしていきたいと思ってましたので、一応、そういう形での協力はすると。

一方でバランスを取って言っておきますと、3月18日ですね、民進党の、ちょっと今、批判されてますけれども、予算委員会サボったっていうやつで、玉木雄一郎さん(注:玉木雄一郎衆議院議員)のですね、講演会にも。『メディア戦略について』っていうことで行ってきますので。

そういうと今度は、『お前は民進党を応援してるのか』と、またこう言われて、皆さんレッテルと言うかですね、右だの左だのっていうのが大好きなんですけれども。あくまでも、自分のポリシーはどういうものだっていうことは、しっかり置きつつ、右であろうと左であろうと、政権与党であろうと野党であろうと、付き合うべきところとはしっかりキチッと付き合うし。とは言え、キチッと力があるところと、実現性というか、実行性があることをやっていきたいと思っていますので。

それで批判をされるのは甘んじて受けますし、別に自民党本部を堂々と、明日も実は朝、自民党本部に行ってきますけれども、僕はそういうつもりでやってきますので。ということを、皆さんにご報告しておきたいと思ってます」



文字起こしは以上です。山田太郎前議員と玉木雄一郎議員の関係については、玉木雄一郎議員が昨年秋の民進党代表選に出馬した際、山田前議員が玉木議員の政策作りに関わったことでも話題になりました。




また、政策実現のために与党・野党を問わず様々な政治家と付き合っていくという山田太郎前議員の姿勢については、この文字起こしが参考になります。




【参考リンク】
前参議院議員・山田太郎 ニコニコチャンネル

山田太郎前参議院議員ツイッター

記事について何か問題等あれば、ブログ主のツイッターにご一報下さい→https://twitter.com/YuukiNijino     
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年2月15日のニコ生で、山田太郎前議員が自民党『クールジャパン戦略推進特命委員会』の下に設置された『MANGAナショナル・センター構想PT』のアドバイザーに就任したことを発表しました。これまで、MANGAナショナル・センター構想は、超党派のMANGA議連(=マンガ・アニメ・ゲームに関する議員連盟)で議論されてきましたが、政権与党内にその流れを広げていく動きですね。山田太郎前議員はMANGA議連のアドバイザーでもあり、今回のアドバイザー就任はその流れを受けたものといえます。

また、ここで言う『MANGA』とは『Manga ANime GAme』すなわち『マンガ・アニメ・ゲーム』を意味するものであり、『MANGA』=『マンガ』ではありません。

「そもそも『MANGAナショナル・センター構想』って何?」という方は、こちらの記事を参考にどうぞ。


「国営マンガ喫茶」と批判されたMANGA図書館は単なる箱物か?それとも文化として発信するための手段なのか? http://originalnews.nico/6863


山田太郎前議員の実際の発言を文字起こししたので公開します。文字起こしについて、山田太郎前議員の許可をいただいています。


文字起こしをする動画
http://nico.ms/lv289221790 
(この動画の37:50付近から文字起こし)


170219


山田太郎前議員
「さて、次がもうひとつ。報道では一切出てないんですが、自民党本部でですね、PTが立ちまして。何かって言うと、自民党の政調の中のクールジャパン戦略推進特命委員会っていうのが立っているんですけど、その中でMANGAナショナルセンター構想というのが議論され始めたということで。いよいよ私が参加しているMANGA議連のアーカイブセンターが本格的にですね、政権与党の中で議論されて。

で、自民党のほうで認められれば、党議拘束をかけた形で、これが具体化された話になるということだと思います。で、これはですね、私は一応ポジティブに捉えてまして、これが出てくれば、表現の自由という観点からはあらゆるものがアーカイブされて、認められる」
 
 
(管理人注:MANGAナショナルアーカイブは、国立国会図書館の支部図書館として設置される方向性となっています。また、現在、国立国会図書館はエロマンガ雑誌等の納本も受け入れていますので、MANGAナショナルアーカイブでの運用も同様のものになると思われます。さらに言うと、国立国会図書館法には、網羅的な納本が規定されており、そこにポルノグラフィ等を例外とする規定は置かれていません。MANGA議連会長で、自民党選挙対策委員長でもある古屋圭司議員は、今回のMANGAナショナルアーカイブがある種の検閲に繋がるのではないかという懸念に対して「だって納本をする訳ですから、納本をコレはダメ、コレは良いって言えないのですから。全部、納本してきたらみんな受け付けます」とコメントしています)


山田太郎前議員
「ただ、アーカイブするものが、こういうものが『良い』とか『悪い』ものってなっちゃうとマズイので、そこで私はなんとかして潜り込んでですね、実はここのアドバイザーという形で立っています」


山田太郎前議員
「よくそれを揶揄して、私を『自民党とも仲が良い』みたいなことで、『自民党寄りではないか』みたいなことを言われたりするんですけれども。決してそういうことをやりたいとか、したいとかっていうこと以前に、政権与党としてですね、今の力関係の現状からですね、キチッとアクセスして、そういうところでの立場を作って、体を張ってですね、抑えてくというか支えてくというかしないと、逆に言うと、国会にもいない以上ですね、対応策がないということなんですよね

ただ、自民党のこういうPTに、私がアドバイザーのような形で入るとですね、『自民党に擦り寄りやがって』という胸の人もいると思いますが、私はどう言われてもかまわないんで、結果が出ればそれで一番良いと思ってますが。ただ、一応こういうことは、こういうものを見てる人達や、できるだけオープンにですね、皆さんには報告していきながら、何をしようとしているのかということについて、議論しときたいということで、今日はご報告ということでありますけれども。こういうことをやってるということです」


文字起こしは以上です。

【参考リンク】
「山田太郎前議員は○○党に行くのではないか」という言説について - 二次元規制問題の備忘録
http://nijigenkisei.ldblog.jp/archives/48595979.html
 
前参議院議員・山田太郎 ニコニコチャンネル

山田太郎前参議院議員ツイッター

記事について何か問題等あれば、ブログ主のツイッターにご一報下さい→https://twitter.com/YuukiNijino    
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ