2015年6月、二次元規制反対派の中心的な団体であり、その活動を大手新聞の新聞記事でも取り上げられた事があるコンテンツ文化研究会を金銭的に支援するための勝手連的な取り組みを開始しました。

取り組みの詳細については、リンク先の記事に詳しく書いたので、詳細についてはそちらを参照して下さい(→二次元規制反対派の中心的な団体であるコンテンツ文化研究会を金銭的に支援する為の勝手連的な呼びかけ

この記事は、取り組み開始以来の毎月の寄付報告者の数を集計して公開するものです。

2015年6月の寄付報告者→15人

2015年7月の寄付報告者→21人

2015年8月の寄付報告者→21人

2015年9月の寄付報告者→25人

2015年10月の寄付報告者→26人

2015年11月の寄付報告者→28人

2015年12月の寄付報告者→22人

2016年1月の寄付報告者→32人

2016年2月の寄付報告者→28人

2016年3月の寄付報告者→24人


2016年4月の寄付報告者→27人

2016年5月の寄付報告者→27人

2016年6月の寄付報告者→26人

2016年7月の寄付報告者→32人

2016年8月の寄付報告者→29


2016年9月の寄付報告者→27

2016年10月の寄付報告者→26

2016年11月の寄付報告者→30人

2016年12月の寄付報告者→32人

2017年1月の寄付報告者→31人

2017年2月の寄付報告者→32人

2017年3月の寄付報告者→34人

2017年4月の寄付報告者→26

2017年5月の寄付報告者→28

2017年6月の寄付報告者→31人

2017年7月の寄付報告者→34人

2017年8月の寄付報告者→33人

実際の寄付報告者の寄付報告ツイートはコチラで確認できます。

※念の為に書いておきますが、この取り組みの呼びかけ人である私、虹乃ユウキはコンテンツ文化研究会とは無関係な人間であり、この取り組みはあくまで勝手連的な活動です。

二次元規制問題の備忘録管理人:虹乃ユウキ 
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年8月2日に放送されたニコ生で、アニメ・マンガ・ゲーム等を含む表現の自由を守ることについて多くの実績があり、超党派のマンガ・アニメ・ゲームに関する議員連盟(=MANGA議連)のアドバイザー(顧問)でもある山田太郎前議員が、東京オリンピック時のビッグサイト会場問題への現在の取り組みについて語りました

ビッグサイト会場問題とは、2020年東京オリンピック期間の前後1年8ヶ月の間、特にオリンピックの大会期間中は完全に使えなくなる等の利用制約がかかり、各種見本市や、コミックマーケット等にも影響が懸念されている問題です。

影響を受ける期間と利用制約の規模については、こちらの画像を参考にどうぞ。

今回資料


文字起こしをする動画:
【第275回】組閣前夜。表現規制反対の立場から見る注目大臣とは!?【前参議院議員山田太郎のさんちゃんねる】
http://live.nicovideo.jp/watch/lv303022913
(この動画の25:45付近から文字起こし)


以下、文字起こし

山田太郎前議員
「実は私、今日の午前中に自民党本部に行ってました。古屋圭司衆議院議員とですね、オリンピック会場の問題に関してですね、ちょっと意見交換というか、陳情というわけではないですけど、細かく今後どう展開していくかっていう詰めをやってたんですけども。

ようはですね、古屋圭司議員は(超党派の)MANGA議連の会長でもあるということで。MANGA議連で正式にですね、この問題を取り上げようじゃないかということで、日展協の関係者についてもそこに参加してもらってですね、窮状をしっかり訴えてもらうということをしようというような、詰め(の話し合い)をやっていた」


文字起こしは以上です。

日展協とは、日本展示会協会。オリンピック時のビッグサイト会場問題について14万筆を超える署名を集めた団体ですね。この署名については、同人印刷の株式会社栄光さんのツイートを見たことがある人や、実際に署名をした人も多いと思います。

自民党の古屋圭司議員は、2017年7月1日の演説で、MANGA議連の会長として、そして、自民党四役の一角でもある選挙対策委員長として、
コミックマーケットを開催する際のビッグサイトの影響を必要最低限にする。これは自民党にしかできません。しっかり私達、お約束を申し上げます。MANGA議員連盟会長としても、お約束をしたいというふうに思いますと発言しています。演説時の古屋議員の党の役職は当時のものであり、同議員のブログには「自民党選挙対策委員長から、国会運営の責任者である衆議院議院運営委員長に就任することが内定致しました」とありますね。

超党派のMANGA議連の所属議員については、2016年末時点での情報ですが、こちらで確認できます。



また、東京ビッグサイトはコミケをはじめとする同人誌即売会のようなイベントだけでなく、様々な見本市等にも利用されるため、
オリンピック時のビッグサイト会場問題は中小企業への打撃も懸念されています。



このエントリーをはてなブックマークに追加

信頼できる筋から、2017年7月1日の古屋圭司衆議院議員(自民党選挙対策本部長、『マンガ・アニメ・ゲームに関する議員連盟』会長)による秋葉原演説の映像を送っていただきましたので、文字起こしを公開します。




以下、文字起こし。




古屋圭司衆議院議員
「ただいまご紹介いただきました、自民党の選挙対策委員長の古屋圭司でございますが、ホントにアキバに、これだけ大勢の皆さん、ありがとうございます。そして、私、もう1つの顔は、今、マルタマ大臣(丸川珠代大臣)からお話があったように、私はMANGA議連の会長として、このマイクを取らさせていただいております。

今日はね、ゲーム・アニメ・マンガをこよなく愛するオタクの皆さん、これだけ大勢集まっていただきましたよ。ありがとうございます。私は皆さんに2つお約束したいと思うんです。それは、あとでお話します。そして、今日はトリに、なんと安倍総裁が来ます。どうか皆さん、政治見解の話、丁寧にします。ぜひ真剣に耳を傾けていただきたいと思います。

私からまず皆さん、このアキバの象徴であるゲーム・アニメ・マンガ。これはいよいよ日本のもうサブカルチャーなんかじゃない、メインカルチャーになったんです。もう日本が産んだ世界に誇る新しいアートなんですよ。これを更にパワーアップをさせていく。このために私、2つ、皆様にお約束をしたいというふうに思います。

まず第1点目。かつて麻生政権のときに、京都でナショナルメディアセンターを作ろう、この構想を立ち上げました。しかし残念ながら、我々が野党になって、民主党が与党になった時に、蓮舫さんが行革大臣になって、見事凍結されてしまいました。

私たちはその教訓を元に、今度はPFIという、民間の力をしっかり使って、このすぐ歩いて7分のところにある、某大学ともしっかり連携して、新しいナショナルMANGAセンター、メディアセンターを作ろうという構想です。

どういう中身かというと、まず色んなイベントをするっていうのは当然、その他にも、例えば、人材の育成をするとか、あるいは、世界とも連携する。そして、地方でもMANGAを熱心に取り組んでいる自治体や民間施設がいっぱいあるから、そこと連携強化、することによってですね、このMANGAの力を世界に発信をしていこうということなんですよ。

実は、今年、来年の骨太方針という政府の基本方針を決める中にも、なんとこのナショナルメディアセンターは記されました。いよいよ2020年ポストオリンピックパラリンピックの重要な柱として、この、ここからたった歩いて7分、あの駿河台の皆さん、ナショナルメディアセンター、MANGAセンターができるんですよ。夢のような話じゃありませんか。

実は、この構想の背中を押してくれたのは、今日大勢集まっているオタクの皆さんなんです。心から、そのパワーに、私は感謝を申し上げたいというふうに思います。

2点目、オリンピック・パラリンピックの時には、2019年4月から20ヶ月間、あのビッグサイトの活用が大幅縮小されてしまうんです。ビッグサイトは中小企業やあるいは若者の、まあ、商売や創作をする、いわば揺りかごなんですよ。これが縮小されることによって2兆円以上の損失、あるいは10万社以上が影響を受けると言われている。

特にその中でも、ふたつ、例えば、モーターショー。これね、90万人くらい人来る。しかし、もっと来るのがある。それは何か、皆さん、コミケなんですよ。コミックマーケット。なんと130万人が世界から来る。日本のパワー、日本の魅力を見るために。

この縮小をできるだけ最小限にして、そして、このコミックマーケット開催に影響をほとんどないようにする。この交渉は、我々自由民主党でしかできませんよ。小池知事や組織委員会、こういった所にしっかり交渉して、まあいわば、タフネゴシエーションを通じて、しっかりそういう取り組みをしていく。このことをお約束申し上げます。

私は今、2つのこと申し上げました。ナショナルメディアセンターを歩いてたった7分のところに、このアキバと駿河台が世界のMANGA(エムエーエヌジーエー)の聖地になるんです。2つ目、コミックマーケットを開催する際のビッグサイトの影響を必要最低限にする。これは自民党にしかできません。しっかり私達、お約束を申し上げます。MANGA議員連盟会長としても、お約束をしたいというふうに思います。

さて、安倍政権になって、4年半、確実に政治は前に進みました。しかし、昨今では、政策に直接関係ないこととはいえ、脇が甘いところがあります。私たちは、全ての国会議員が、率直に反省をしなくてはいけません。

その上で、都民や区民にとって一番身近な問題を解決できる力を持ってるのは自由民主党以外にありません。例えば、今ここでマイクを握った、最年少の27歳の中村あや議員から大ベテランの議員まで。多くの人材を出してるんです。これが自民党の強みなんです。

都民ファーストは8割が政治経験のない新人ばかり。こんなんで運営できるんですか? それからもうひとつ。25年間で30を超える政党が出来ては消えました。そして、頭に『新』が付く政党、あるいは横文字が入っている政党は全てなくなりました。

なぜか。新しいものが全てなら、次の日から老朽化が始まるからです。自民党は、良きものはしっかり守る。守るためには大胆な改革もいとわない。これが真の保守主義なんです。だから60年続いているんです。

この自民党が公認をする60人の候補者。多種多様です。ぜひ皆さん、それぞれの選挙区に戻りまして、明日の投票日は自民党の候補者を、ぜひ1票入れて下さい。そして、私たちに力を与えてください。必ず、皆さんの期待に応えるのが、我が自由民主党であります。以上を申し上げまして、選挙対策委員長並びにMANGA議連会長としての最後のお願いに変えさせていただきたいと思います。ありがとうございました」


文字起こしは以上です。

記事について何か問題等あれば、ブログ主のツイッターにご一報下さい→https://twitter.com/YuukiNijino 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ